ネット通販と小規模店の強み

インターネットを使った通販の場合、必ずしも大手企業が勝つとは限りません。実際の店舗を使った販売の場合には、どうしても品揃えの数や価格勝負で有利になる大手企業が勝つような図式がありましたが、通販業界、特にインターネットを使ったネットショップにおいては大手であることがイコールで有利に働くということばかりではないのです。
さりとて大手メーカーのネームバリューという強みは、現実の店舗もインターネット上の通販でも代わりはありません。全く同じ商品を売る場合には、わずかの価格の差しかなければ、消費者はおそらく無名の中小企業よりも全国的に名前の知られた大手企業のネットショップを利用したいと思うことでしょう。
しかし、消費者の側からすれば信頼出来る大手企業も、実際にインターネットでの通販業務を信頼して任せることができるかというと必ずしもそうではありません。特に、それまでBtoB型の商品販売に慣れてきたメーカー企業の場合、一般消費者の数多くの小口注文に都度応えてゆくという流れにあまり慣れていません。小口注文の場合、細かい仕様の変更といった緊急の対応に迫られる場合も多く、大人数が業務にからむ業態ではむしろ動きがとりにくいということもあります。
その点で、小口での販売に特化した店舗の場合、比較的楽に仕様や数量の変更に対応することが可能です。これから通販業界に参入しようとする場合には、1つずつの注文に正確に応えてゆくようにする姿勢が求められます。